ストレス社会と珈琲

仕事のミーティングやカジュアルなパーティまで、カフェが活躍するシーンは多岐にわたります。
青山・表参道などは顧客層もトレンドに対するアンテナが鋭く、店舗、商品ともにクオリティを求める人が集まります。
店側の意識も高く、最近は様々なアイデアや工夫を凝らし、洗練されたカフェが数多く出てきました。
例えば自家焙煎による珈琲もその流れの一つ。

一時都内に焙煎工場を持つ店舗の青山・表参道への進出が話題になりましたが個人経営のカフェにもその波は押し寄せています。
たくさんのカフェが自家焙煎の豆でコーヒーを淹れ、豆を販売するようになりました。
顧客の立場としてはいろいろな珈琲豆を選ぶことができるようになって嬉しいかぎりです。

これほどまでに珈琲がもてはやされるのは現代社会で生きる人々が抱えるストレスの反映だとも言えると思います。
忙しい毎日だからこそ、一杯の珈琲に安らぎを求めたい、リラックスしたいという願いがそうさせているのかもしれないですね。

サイトマップ